体を温めてアンチエイジング

体を温めてアンチエイジング

血行を促すことはきれいで若々しい肌を保つことに貢献します。そのため体の内側から体を温めることを心がけるのは非常に大切です。食べ物の中には体を温め、血行を促す作用を有しているものがたくさんあります。代表的なものとして玄米、豆類、根菜、生姜、ねぎ、唐辛子、味噌、納豆などを挙げることができます。
また唐辛子などに含まれているカプサイシンという成分は体を温めるのに非常に効果的です。そのため唐辛子を適度に摂取することで体を温め、血行をよくすることができます。
対照的に体を冷やす食べ物もあります。基本的には暖かい地方や夏に育つ野菜や果物にそのような働きがあります。たとえばバナナやパイナップルなどの果物、そしてトマトやキュウリなどの野菜、また意外にもチョコレートにも体を冷やす効果があります。もちろんこれらをまったく食べないようなことがあってはなりません。しかし食べすぎは体を冷やすことにつながり、結果として肌荒れをはじめとする老化現象を招くことがあります。
そのため寒い季節にこうしたもを過剰に摂取することを避けてアンチエイジングを心がけるべきです。