-

コンピュータのディスプレイの前に座り、リアルタイムで変動している相場をご覧になっていると、直ちに取引をしなくてはいけない衝動に煽られる場合も多いと思います。

でも、あやふやな感覚でエントリーするのだけは避ける必要があります。

ご存知の通り、外国為替相場は昼夜を問わず常にどこかの外国為替市場は動いているし為替相場も変動している。

しかしながら、立て続けにトレードを積んでいくと、その回数だけ損失が生じるリスクが高まってしまう。

言うまでもなく、注文の回数を重ねることによって、少しずつ儲けられる確率が五分五分になるのは周知の通りです。

けれども「なんだか分からないインスピレーションで売り買い」とは別の話です。

エントリー回数を増やす意味というのは「ここはいける」と感じた勝機を得られたところでのエントリー回数を増やすという事です。

特段の理由も無く、絶え間なくトレードを経験するのとは大きく異なります。

相場の戦いに敗北しないためには、己で主体的に緩急をつけることこそが大切です。

「ここはいける」と思い至った為替相場の時には、思い切って所有ポジションを増やして、集中して儲けを求めます。

「何となく分からない市場で、どうなるか考え付かないな」と思案した時はいっそのこと所持ポジションをすべてクローズして何もしません。

それぐらいのテンポでやった方が最後には取引はうまくいきます。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

まさにその通りです。

相場とは、常にポジションを持つことが全部ではなく、どの売買ポジションも所持せずじっと見ていることも場合によっては、必要です。

それならば、どういう場面で休むべきなのでしょうか。

ひとつは、先述した通り、これから先のマーケットがしっかりと分からない時です。

今から高くなるのか安くなるのか判断できない時は何も考えず行動すると、自身で思い描いた脚本とは逆の方向にマーケットが変化してしまい、損する事になってしまいます。

そのため、こういう場合はポジションを無くして、そのまま何もぜずに静観を決め込むのがいいだろう。

2番目に、体調がよくない時です。

健康状態と相場につながりがない思う人もいるでしょうが思ったより影響します。

健康状態があまりよくなければ、外国為替市場の大少なところで、必要不可欠な決定ができない。

気乗りがしない時はトレードから目をそらす事も大切な事です。

Category

リンク