車がないと不便!

税理士の仕事の中心は独占業務

サイトを見てみて大田区 税理士こちらをクリック
税理士の仕事の中心は独占業務になります。
独占業務というのは、税理士法によって次のように定められています。
納税者に代わって、税務署等へ申請・申告ができます。
また、納税者に代わって税務調査で説明することができます。
税務調査の場合は、脱税の疑いのために行ったり、税務処理のチェックを行ったりすることもあります。
税務調査の時期としては、3年くらい行っていないので、そろそろ時期かなあという感じだそうです。
納税者に代わって、税務署等に出す申告書などを作成することができます。
納税者にとっては、税金の計算などは面倒で複雑なものです。
そのため、お金を払って納税者は税理士に依頼します。
2・3月は毎年個人が確定申告を行う時期であるため、税理士は一年で一番忙しい時期です。
税金の必要な手続きや計算など、税理士でなければ税務の相談を受けることもできません。
税務の相談を受けることから、仕事が税務の代理、申告書の作成へと繋がる場合が多いそうです。