-

換金目的で電車等の回数券などを決済する→クレジットのキャッシュ化サービスを使用せずに自ら換金する目的でクレカで決済をするのも同様です。仕事 辞めたい アフィリエイト

お金に変えるということを目的としているクレカのショッピングというのは違反となってしまうため。

必要以上の電車等の回数券の他切手販売等においてのクレカ決済というものは、場合によっては現金化する目的ではないか??と警戒される場合もあるため配慮を要します。

尚、利用時点においてキャッシング枠が上限になっているカードの場合には電車の乗車券等を購入することにトライすることだけでもカードの発行会社の係から確認の電話が来てしまう場合もあるから経済的にきつい時の利用はさせないようにされてしまう模様。

懐事情に困っている場合に考えることはたいてい、似ているなのでしょう。

カード発行会社に対して都合の悪い利用の仕方をしてしまう→だいぶ前に流行していた『永久機関』のような、カードの会社に対して一つもプラスとならないような正当でない決済をした場合カード発行会社の方から強制失効になる例もあるのが現実です。

Web上に出ていたカードポイントの不正入手など世の中には認知されていない手段というものが存在したとしてもこのような情報というものは一切クレジット会社の規定に反する行為なのだから絶対に試さないようにしないほうがよいでしょう。

強制没収の内容については他のカード会社も知りうる)クレジットカードを強制退会させられた場合でも、ほかのカードに関しては問題ないのだから、一社であればいいのでは?という風に思っいるあなた、この情報流通社会にあってはそれが信用を失う心配があるのです。

その理由は、強制退会となる状態には、カードの会社により入手出来てしまう個人信用情報機関というものに事故契約情報が記録されるから、事故を起こした人の社会的信用が地に落ちることがあるため。

契約している一社でさえもクレジットを強制没収扱いになると別会社のクレジットカードまでも作りにくくなってしまいますし、ともすると別の所持しているクレカさえも強制没収になるケースもあり得るのです。

継続利用できるようでも有効期限切れの際に退会となると考えられます。

とにかく何回も記載していますが、失効させられてしまうような利用の仕方はまずすることがないように、規約に則って使って頂きたいと思っています。

Category

リンク