車がないと不便!

現地通貨が信用されない国ほど仮想通貨が使われるようです

仮想通貨の代表例はビットコインです。
コチラのサイトにはイールックについての詳細が記載してあります。
が、日本においては仮想通貨は一部の人の間でしか触れられません。
疑問に思ったら今すぐコチラ→エターナルコインをご覧下さい。
好奇心旺盛な人、投機目的の人、金融機関の人、あたりでしょうか。
大多数の人にはイマイチ浸透していません。
貴方の疑問を即解決に導くイーワールドのサイトはコチラになります。

 

その原因の1つは日本円が比較的安全な通貨だからでしょう。概ねどんなものでも買うことができます。また、価値も極めて安定しています。明日になったらコーヒー1杯10000円になったりしません。
見れば必ず為になるサイト仮想通貨←はコチラになります。

 

裏を返せば、現地通貨が安全でない場合にはビットコインが使われることがあるそうです。
例えば、政治的に不安定な国だとします。その国が発行する通貨は明日どうなっているかわかりません。朝起きたら政府が潰れて通貨は使えなくなっているリスクがあります。みんなそれが怖くて通貨を受け取りません。
そこで決済手段としてビットコインが使われるのです。ビットコインの場合、どこかの政府や組織が発行しているわけではありません。なので、そこが潰れる、というリスクがないのです。

 

仮想通貨はどちらかというと最近出てきたものです。そういう意味では最新の技術と言えるかもしれません。しかし、上述のようにその普及は現地通貨が安全でない発展途上国から進んでいく可能性があります。そうなると、日本人が気がついた時には、ビットコインから取り残されているのかもしれません。
私はこのサイト→エターナルコインに助けられ今があります。